Matsubara工房という屋号で特注品対応をはじめました。でも職業欄は農業ですので農業ネタもあります。
あれから一年
2015-02-14 Sat 12:35
昨年の大雪からちょうど一年が経ちました。

②0時半_35cm 降り積もる雪   ⑦積雪71cm 積雪71cm
⑩怖い屋根の雪 庭も屋根も雪・雪・雪
④潰れたビニールハウス1 ビニールハウスも夜中に雪降ろしをしたのに潰れました。

現状はというと
ハウス後 太陽光発電パネルに様変わりです。

 ビニールハウス
    ビニールハウスは道を挟んだ反対側の畑に規模を縮小して建て替えました

潰れたビニールハウスは被覆材が農業用塩化ビニールでしたが昨今は廃棄処理の問題(ダイオキシン問題で結構な処理費用が掛かります)と張り替えサイクル(=寿命)の観点から農業用ポリエチレンシートに代わっています。ビニールだと基本は毎年張り替えですがポリエチレンだとメーカーカタログだと3年(作物の生育具合も考慮してのようです)雨よけが目的ならば5年ほど持つそうです。因みに建て替えには専門業者による組立費用も含め全部で約40万円掛かりました。

ビニールハウスの建て替えは国などの補助制度もありましたが受けるには制約条件があり受けられませんでした。(一定以上の面積で同一場所に業者が行った場合のみで農家が自分で資材を買って建てるとNGでした)。潰れる2週間前の降雪で危ないと思い建替えの見積りを取り、消費税アップも考えて直ぐに(2/14の大雪前に)発注をしていたので奇跡的に3月中旬に建て替える事ができました。

この辺のハウス園芸農家でも建て替えをやってはいますが工事の進捗具合の良いところでやっと骨組みが出来たところで全体でみれば一年経っても半分も進んではいないと思います。これは丸々2年収入が入らないハウス園芸農家が居ると言う事になります。

この大雪で我が家では父が足元の悪い中、雪の積もり具合を見たくて庭に出て転び一週間ほどベッドから起き上がれず何とか起き上がれても自力での歩行が難しくなり日課にしていたシルバーカーでの散歩も居間でのテレビを見るのも出来なくなりベッドで寝ている時間が増えました。歩かなくなると農業で鍛えた頑丈な体も筋肉は見る見る衰え一カ月で寝たきりになってしまいました。それから4カ月後に鬼門に入りましたので今考えると去年の大雪が無ければ・・・・・と思ってしまいます。
スポンサーサイト
別窓 | 農業関連 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<中国製TIG溶接機 | 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 | 32cm反射 今度はノーマルニュートンで・・・>>
コメント:
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
∧top | under∨
| 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 |