Matsubara工房という屋号で特注品対応をはじめました。でも職業欄は農業ですので農業ネタもあります。
ブロッコリー収穫
2015-02-25 Wed 22:56
久々の農業関連の話題です。
この時期、昔は白菜の出荷で忙しかったのですが白菜は重いので年老いた両親が収穫するのが辛いとの事で5年ほど前に出荷目的での作付を止めました(自家用は作っています)。これまでも白菜とブロッコリーを平行して作付していたのですがブロッコリーだけにしました。ブロッコリーは軽いのと野菜として健康ブームもあり根強い人気もあり市況が比較的安定しています。

ブロッコリーは例年は7月に播種し8月に定植するのですが、父が亡くなったりと慌ただしかった為に播種時期を逃してしまい結果的に8月の末に播種し定植を9月末から行いました。夏から秋に季節が移るなか播種が一ヶ月遅れると生育が大きく遅れ昨年末の状況ではとても売り物の商品にはならないくらい生育が遅れていました。

草丈はそれなりに伸びたのですが肝心の花蕾が大きくならず市況も近年稀に見る低調ぶりでブロッコリー20個入り一箱の出荷価格が最悪時は300円(300円÷20個=15円/個です)と出荷するだけ損をする状況でした。畑のブロッコリーは廃棄(出荷せずトラクターで潰す)するしかないかなと考えていました。売り上げが期待出来れば残した方が良いですがダメとなったら早めに次の作物の作付準備に仕掛かったほうが得策です。

この時ブロッコリーを作っている人に作柄を聞いたところ年明けの2月頃出荷する予定で作付した物が天候が暖かい日が続いたので年明け前に花が咲きだしてしまった安いけど出荷しているという話でした。つまり、2月頃に出荷予定のものが12月に出荷された訳ですから2月は品薄になり市況も高めになる可能性があります。と言う事でトラクターで潰さずそのままにしておきました。

市況は寒波の影響もあり主産地の香川、愛知の作柄が遅れていたので同じ一箱が3000円くらいまで高騰したようです。いまは少し落ち着いて2000円くらいで推移しているようです。我が家のブロッコリー畑はというと

ブロッコリー畑_

真冬の寒さにも耐え花蕾も少しづつではありますが成長し何とか出荷できるサイズまで大きくなりました
ブロッコリー1 花蕾を真上から撮ってみました

ブロッコリ-2a 上のブロッコリーの収穫です

ブロッコリーはカブツの根本から包丁で切ります。花蕾を覆うようにしている葉を適当に切り落として収穫です。
ブロッコリ-2 大きな葉を切り落とします。

これを収穫用のコンテナで集め自宅に持ち帰り出荷用に再度余分な葉や長さを定寸カットしたりします(荷造りと言います) 明日の午前中の出荷に向けて夜なべで荷造りです。

建設中のビニールハウス 再建中のビニールハウス

近くの畑で昨年の大雪で潰れたビニールハウスを再建中です。まだ、ビニールは張られていません。ブロッコリーの収穫作業中ずっとハウスの骨組みを組み建てる時に出るネジ締め音が鳴っていました。キュウリ農家ですのでこれから作付になると思いますがはたして間に合うかどうか・・・ 去年の大雪はワルサをしました。
スポンサーサイト
別窓 | 農業関連 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<トラクターバッテリー交換 | 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 | 自在バイス>>
コメント:
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
∧top | under∨
| 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 |