Matsubara工房という屋号で特注品対応をはじめました。でも職業欄は農業ですので農業ネタもあります。
SKYPOD再修理
2015-10-08 Thu 21:24
SKYPODを活用しようとアリミゾユニットをギガオプト様で購入して組付けました。
アリミゾ装着 ビクセンの標準品
VixcenのプレートホルダーSX (No.3810)が合うだろうと思い組付けたらバッチリ合いました。早速動かして様子を見ようとしたところ以前の不具合症状と同じでSTAR BOOK TypeSの画面に何も表示されずバックライトが点くだけです。前回の修理で怪しいと思ったCPUのBGA実装を再度疑い色々試しましたが治りません。

LCD表示はされませんがブザー音は鳴りますのでもしかしたらLCDユニットの故障と考え通常の起動シーケンスと同じボタン操作を行ったところ本体の水平、高度の両モーターが手動で操作出来ます。CPU実装の問題ではなくLCDユニットのようです。

LCDユニットを分解し各部品の半田付け部分をリタッチしたところ表示するようになりました。どこが原因か特定はできませんでしたが鉛フリー半田で半田濡れ性もあまり良くなかったので何処かの部品で半田付けの界面剥離でも起きたのかと推測しています。

LCDも治ってケースに組込み操作確認したところ治った筈のLCD表示だけでなくブザー音もしません。電池のヘタリかなと思い電圧を測定すると単三4個直列なのに5.5Vしかありません。電池寿命と思い新品の電池に入れ替え電源オフの状態で電圧測定すると6.5Vと新品の電圧です。

電源を再度入れてみたところやはりLCD表示は無く音もしません。電池の電圧を測ってみると6.5Vあった電圧が5.95Vに落ちています。これは相当な電流が流れていると考えテスト電源に接続し直し電源電流を測ってみると300mAほど流れていました。普通ではありえない電流値ですのでユニット内の回路が壊れたようです。

普通部品が壊れて過電流が流れると故障した部品が過熱し樹脂モールド品でしたらエポキシ樹脂の焦げる臭いがしますが数分経ってもにおいません。でも発熱はしているだろうと指で各部品の温度をチェックすると触れないぐらいアチッチな奴がいました。
型番で検索したらSDRAMでした。

SDRAM仕様 メーカーデータシートを入手

通常、この手の部品の入手は難しいです。Chip ONE と deji-key を検索しましたが見積り待ちでした。その時パソコン画面の片隅にヤフオクの公告画面がありクリックしてみると出品オークションがありました。すぐに落札しラッキーな事に交換部品が入手できました。

新品SDRAM 2個で送料込みで1000円でした。

SDRAM外形図 SDRAM外形図
0.8mmピッチのTSOPパッケージですのでチョット面倒ですが昔取った杵柄でこの手の部品交換は出来ますので交換する事にしました。

ここで余談ですがビクセンのカスタマーセンターに問い合わせてみました
①SKYPODコントローラー修理可能ですか? ⇒ まだ可能です。
②標準的な修理費を教えて下さい? ⇒ LCDユニットですと20,000円、本体基板ですと40,000円になります。

SDRAM片側リード外し 故障SDRAM取外し 故障IC取外し
SDRAMのリード端子を実体顕微鏡下で先端が尖った針状のツールを使って一本づつ基板の端子パッドから浮かせていきます。まず片側を外し次に残りの反対側を外します。極意は無理せず確実にポイントを攻める事(意味不明ですかね)

SDRAM交換後 SDRAM交換後
新品の半田付けも実態顕微鏡下でリード毎に確実に半田付けしていきます。半田を多く盛りすぎたらソルダーウイックで後で吸引して適量にします。

SDRAM交換後の結果ですが無事に動きました。
今度こそ修理完了でありたいです。
スポンサーサイト
別窓 | Vixen GP-D,PORTA、SKYPOD | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<星の村SLF 2015 | 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 | 600mmアリガタプレートの製作>>
コメント:
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
∧top | under∨
| 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 |