Matsubara工房という屋号で特注品対応をはじめました。でも職業欄は農業ですので農業ネタもあります。
新ガイド鏡
2016-01-29 Fri 22:17
新しい年を迎えて何気にブログのアップをサボッテいたら早いもので一ヶ月が過ぎてしまいました。今年も気ままに更新出来ればとおもっています。昨年から進めている撮影システムの再構築ですが歩みは遅いですが進めています。

①JP赤道儀の水平回転ユニットの製作。
②ナローバンドフィルターの更新。
③フローライト鏡筒の入手。
④ガイド鏡の再検討。

実際には上記に追加してJP赤道儀本体にも手を入れています。
⑤ウォームギア軸受けのベアリング化
⑥極軸望遠鏡スケールパターンの更新。

今回は④のガイド鏡の再検討です。
ガイド鏡は従来ガイドカメラとの組み合わせで2タイプを使っていました。
1)5cmファインダー(f=200mm、アクロマート)+MEADE DSI pro
2)5cmガイド鏡(f=180mm)もしくはf=100mm/F2.8マシンビジョンレンズ +QHY5-L-Ⅱ

1)のガイド鏡&ガイドカメラはビクセンファインダーを使っているのでファインダー台座がある鏡筒でしたら簡単装着できて使い勝ってが良いのとMeade DSI pro のチップサイズが小さいのでデーター量が少なくPHD2でも軽快に動いてくれます。ただ、DSIは古く何時壊れても不思議ではないのでガイドカメラのバックアップ機を用意しています。

2)はMeade DSI proの代替として考えたもので画素ピッチが3.75μmと小さくても高感度なQHYCCD社のQHY5-L-ⅡMをガイドカメラにしてガイド鏡を2種類組み合せて撮影光学系の焦点距離に応じて使い分けしようと考えました。

2)を実際に使ってみたところ5㎝/f=180mmのガイド鏡は結像性能が期待したほど良くなく京都のディーラーが現在でも販売していますが広告内容には水増し感があります。ガイド鏡接眼部の造りは良いです。
f=100mm/F2.8のマシンビジョンレンズは胃薬やかぜ薬も作っているメーカーの物ですが結像性能は開放絞りでは星像にハローが出て芳しく無くF8まで絞って何とか実用になりました。CマウントレンズなのでQHY5-Lと直結出来ることや焦点調整と絞り機能を内蔵しているので使い勝っては良いのですがオールマイティとはいかず撮影レンズの焦点距離が100mmくらいまでの星野写真を取るのにはコンパクトで良いかなと言う感じです。

QHY5-L-Ⅱはピクセルサイズが小さいのにもかかわらず高感度で思っていた以上の性能です。このカメラの性能を引き出すには結像性能の良い光学系でないとダメと言う事が判りました。

知人とガイド鏡の話題になりやはり鋭い光学系でないとガイドカメラの性能にマッチしない。焦点距離は300mmくらい欲しい。口径は4~5cmが良いのではと話がまとまり捜したところ鏡筒としては生産中止になっているBORGの45EDⅡが良さそうだとなりました。

45EDⅡの対物レンズユニットは在庫販売がされていたので知人はBORGのM57シリーズの部品を組み合わせてガイド鏡に組み上げ私は対物ユニット(6405)だけ購入し接眼部は5cm/f=180mmの直進ヘリコイドユニットを組合せ鏡筒を自作する事にしました。

①鏡筒仮組 鏡筒加工アップ時の仮組確認
鏡筒の材質はA6063TDで外径=φ55、肉厚2mmで長さは250mmです。
対物レンズ側がM57P0.75雌、接眼部側がM52P1.0雄でしたのでアルミパイプの接眼部側はM52P1.0の雌ネジを旋盤で切り対物レンズ側は外径φ55ではM57の雄ネジにならないのでM54P0.75の雄ネジを切り対物レンズとのアダプタリングを別途製作しました。

②45EDⅡ対物とアダプタリング ③45EDⅡ対物とアダプタリングと鏡筒 対物レンズ(6405)とアダプタリング

④鏡筒にアダプタリング装着 アダプタリングを鏡筒に装着

⑤接眼部とガイドカメラ_2 アリガタプレートに軸調整用リングで装着

⑥接眼部とガイドカメラ 接眼部とガイドカメラ装着

接眼部はドローチューブの粗動と直進ヘリコイドによる微調があり及第点の造りです。

⑦ガイド鏡装着例 実使用例

BORG 45EDⅡの結像性能は素晴らしいです。アメリカンサイズの接眼部ですから眼視で月や惑星で見え味をチェックしたところ2Xバローに谷オルソ4mm、X162倍でも破綻なくピントの山もあり素晴らしい結像性能でした。最低でもセンチあたり20倍、30倍あれば素晴らしいですが36倍で余裕すら感じました。

QHY5-L-Ⅱとの組み合わせで1秒露出で8~9等星は写っていますし明るい星の周りにハローも無く目標としたガイド鏡になったと思っています。
スポンサーサイト
別窓 | 撮影システム・自作アダプタ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ナローバンドフィルターの更新 | 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 | この一年を振り返って・・・>>
コメント:
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
∧top | under∨
| 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 |