Matsubara工房という屋号で特注品対応をはじめました。でも職業欄は農業ですので農業ネタもあります。
トウモロコシの播種
2016-04-24 Sun 23:11
今年もトウモロコシの作付をします。
今年は少しやる気を出して作付け面積を去年の5割増しで進めています。
総作付け面積は60a~70aになる予定ですが成り行きで変わるかもしれません。

0_全景
トウモロコシを作付している畑です。ブロッコリーの裏作になります。ブロッコリーを収穫し終えたらすぐにトラクターでロータリー耕耘しブロッコリーの株や葉などをすき込みます。一ヶ月ほどしたら再度ロータリー耕耘し微生物が活躍してブロッコリーが土に帰るのを期待します。

トウモロコシの作付スケジュールに合わせ施肥を行い再度ロータリー耕耘を行います。これで土作りは終了し天候を見ながら気温が暖かくなり雨が降ったあと(発芽の条件は地温と水分ですので露地栽培は天候の読みも大事です)にマルチを敷きます。
⑦マルチのみ(播種前)

今年もマルチは生分解型マルチで価格は通常のポリエチレンマルチなどの4倍ほどしますがトウモロコシの収穫後トウモロコシの茎と一緒にロータリー耕耘すると土の中の微生物によりアルコールと水に分解され消えてくれる優れものです。値段は高いですが通常のマルチの片付ける労力を考えたらトータルで見るとメリットがあります。

②発芽_UP
10日ほど前に播種したところです。種の発芽率の保証値が80%ですのでヒト穴に2粒づつ蒔きます。

トウモロコシの品種は「ゴールドラッシュ」というもので人気品種です。ゴールドラッシュには「ゴールドラッシュ」、「ゴールドラッシュ86」、「ゴールドラッシュ88」、「ゴールドラッシュ90」と4種類あり名前の後の数字は生育日数です。名前は同じゴールドラッシュですが4種類とも異母兄弟(実際にF1種なので全然違う種の掛け合わせだと思います)なので背格好(=草丈)も顔(=房)違います。車で言えば同じメーカーの同じ車種のセダンとワゴンくらい違います。

収穫期の事を考えて播種する時期を少しづつずらし、品種も変えて出荷時期が長くなるように工夫しています。今年は播種時期を一日おきにしました。
①トウモロコシ発芽 播種10日後 スクスクと成長しています

③2日後蒔き 播種8日後 2日の違いは大きいです

④4日後蒔き 播種6日後 芽が出て二葉になりました

⑤6日後蒔き 播種4日後 やっと芽が出始めました

⑥8日後蒔き 播種2日後 まだ発芽していません

現在は順調ですが遅霜が降れば一晩で終わりです。それを避けるためには何らかの被覆材を掛けておく必要がありますが今年は無くて大丈夫と信じて無で栽培しています。結果は2か月後には判るようになります。去年は6月15日に凄い雷があり降雹と大風で倒れたりして大変でした今年はハッピーエンドで終われますように・・・


スポンサーサイト
別窓 | 農業関連 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ウォームギア軸受けベアリング化 --その2-- | 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 | スケアリング不良>>
コメント:
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
∧top | under∨
| 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 |