Matsubara工房という屋号で特注品対応をはじめました。でも職業欄は農業ですので農業ネタもあります。
ウォームギア軸受けベアリング化 --その3--
2016-04-29 Fri 01:42
ウォームギア軸受けベアリング化の続きです。
ベアリングホルダーのメッキが上がってきました。
寸法精度の良い無電解ニッケルメッキを専門業者に頼みました。ギアトレーンでモーター駆動系を作った時に見つけた業者さんで少量でも短納期で処理してもらえるので助かっています。

Niメッキ後 無電解Niメッキ後

真鍮の無垢より高級感があります。実際に錆もでなくなりますので高品質になっています。
ベアリングの嵌め合い具合はほぼ狙い通りにできました。手で挿入するにはかたく工具バイスを使った圧入では並行度も確保されるのでスムースに入る良い感じに仕上がりました。


ベアリング化ユニット全部品 両軸のウォームギアユニットの全部品です

上がRA、下がDECです。
オリジナル部品の一部を転用します。こう見ると結構部品点数が多いです。

RA_DEC_ウォームギアユニット ベアリング化したウォームギアユニットです。

上がRA、下がDECです。
回転に必要なトルクはメタル軸より数倍低いです。
ベルトドライブ化とウォームギア軸受けベアリング化は両方実施する事を推奨します。

スポンサーサイト
別窓 | JP赤道儀 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<J型赤道儀オーバーホール | 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 | ウォームギア軸受けベアリング化 --その2-->>
コメント:
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
∧top | under∨
| 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 |