Matsubara工房という屋号で特注品対応をはじめました。でも職業欄は農業ですので農業ネタもあります。
胎内星祭り
2016-08-29 Mon 01:13
胎内星祭りに今年も参加してきました。
雨、雨、快晴という皮肉な空模様でしたが「星祭りで雨予報ならバーベキューでしょう」ということで仲間で準備して初日の晩は親睦を深める事が出来ました。空が晴れている中でバーベキューですと何となく気持ちが乗りませんが雨が降っていると後ろ髪を引かれることなく出来ます。

2日目は昼間は星祭会場を離れ瀬波温泉に行きました。途中で食事をとり露天風呂で海を見ながら温泉につかるのが癖になりそうなくらい気持ち良かったです。サッパリして夜の星空に期待したのですが期待は叶う事なく雲間から2等星くらいまで見え星座を確認出来たところで隠れてしまう状況で夜半過ぎには雨も落ちてきました。

それなのに最終日の朝は快晴となりました。
2016胎内2a 1日ズレて欲しかった青空
太陽が出たので仲間うちでPSTの見え比べをしました。
私はと言えば定番の青い物干し竿(15cmF15)は雨予報なので取止めFS-128を持参しましたが昼間の景色を双眼装置で見るだけで終ってしまいました。

そんな中、Oさんが製作にトライした20cmF15アクロマート鏡筒が仲間内で話題となりました。
20cmF15_1a 屈折鏡筒?
焦点距離f=3000mmを3面の高精度平面鏡で折り返し約70cmの外形に納めています。やっと組み上がったレベルで調整これからですがチャレンジ精神と加工仕上がりには感服しました。
3mの直球勝負も見てみたいですが流石に・・・・です。

星は見えませんでしたが日本酒の利き酒に参加したり普段はゆっくり話せないのが雨模様で話せたりと楽しい時間が多かった星祭でした。
スポンサーサイト
別窓 | 星祭り関連 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<台風10号 稲の倒伏が心配 | 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 | >>
コメント:
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
∧top | under∨
| 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 |