Matsubara工房という屋号で特注品対応をはじめました。でも職業欄は農業ですので農業ネタもあります。
星の村SLF 2016
2016-10-24 Mon 12:05
星の村スターライトフェスティバルに今年も15cm/F15を持って参加しました。
天候はGPVで初日の土曜日は曇り空ながら翌日の日曜日の午後からは晴れる筈でしたが現実は今年も厳しいものとなりました。

土曜日の夜は雲の切れ間から星空が見える時間がありましたが北天が晴れてくれず赤道儀の極軸調整が出来ませんでした。このところ極軸調整はPoleMasterを使っているのですが曇り空では役にたちません。微かに雲間から見えた北極星で極軸望遠鏡を使って極軸の粗調整は出来ましたが微調整する前に雲に隠れてしまう状況でした。

夜の宴 曇り空の下カンテラの光で夜の宴です。


それでも雲の動きも早く時々切れる雲間から星が見える事がありました。ペガサス座付近が晴れた時にはシーイングは良くありませんが透明度は良くM31の形が裸眼で見えたのとお隣のM33が12X40の双眼鏡で大きさと何となく渦巻のような感じが見えました。天候の回復を期待して2時過ぎまで粘ったのですが鈍曇りとなり車で仮眠しました。

目覚めは今までに経験したことのないものでした。
強風で車体が揺れることは何度も経験していますが揺れと同時に何か車にぶつかる音で目が覚め外を見るとグレーとブルーの混じったような色になっています。目覚めで寝ぼけているのかなと思ったのですが次の瞬間車外が明るく開けました。前線の通過による雨とその後の突風で他の方のテントが飛んできて私のクルマに被さったようです。テントの持ち主の方が2名で強風の中テントを引き剥がしてくれました。

寝る前にセッティングしてテレスコ合羽を赤道儀に掛けておいたのですが強風で何処かに飛ばされ星祭り中のベース拠点としているテントも飛ばされそうな勢いでバタバタしていました。強風でしたが小雨でしたのでフリースを着て赤道儀やテントの対処をしてトイレに行こうと天文台に歩って行くと通路に横倒しになったテントがあり何処のかなと見るとギガオプトさんのでした。

トイレに行って商品をワンボックスに放り込む(=退避する)お手伝いをし気がついたらフリースは濡れ濡れになっていました。ギガオプトさんの商品は幸いにも段ボール箱に雨が浸みこむ事も無く実害は壊れたテントだけでした。

日曜日も日中は曇り空で抽選会などで暇を潰し午後からの天気の回復を期待したのですが雲が切れてはいるけれど晴れない状態が続きました。10時過ぎになって2時間ほど快晴になってその後また曇るという天気でした。

天文台と夏の大三角と15cm屈折2 友人からの頂き画像です。この天気も長続きしませんでした。

朝の4時頃まで粘ってみたのですが天候は回復せず仮眠をして起きたらお約束通り晴れていました。
朝1

朝

星の村SLFの天気は今年も期待を裏切ることなく雨・風そして晴れといろいろ楽しませてもらいました。晴れていなくても自作望遠鏡の話題や出店されているメーカーや業者の方のところをじっくり見られるので楽しい時間を過ごせた気がします。

スポンサーサイト
別窓 | 星祭り関連 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<鏡筒を詰めました | 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 | 新米ができました>>
コメント:
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
∧top | under∨
| 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 |