Matsubara工房という屋号で特注品対応をはじめました。でも職業欄は農業ですので農業ネタもあります。
期待の新人(望遠レンズです)
2017-03-24 Fri 16:27
FLI ML-16803冷却CCDカメラにマッチした光学系を模索して行く中でMamiyaの67サイズのレンズが使えることが判り気になる物を収集するように入手してきました。Mamiya SEKOR Z シリーズのなかででも何時かは手に入れられたら良いなと思っていたものに500mmの望レンズがありました。

Mamiya APO Z 500mm F6 APO Z 500㎜ F6の仕様

7群7枚のレンズ構成で7枚の内の2枚がSDレンズ、残り5枚の内の4枚がEDレンズという贅沢な物で定価も発売当時49万円、2008年に一度値上がりしていて564,000円(税別)と値段も凄いものです。

2年程前にヤフオクに出品され出品者が自分の希望価格まで行かないとオークション終了10秒前くらいに出品を取り下げてオークションを流し再出品を繰り返す人で最低希望価格の提示がないので質問したらブラックリストに入れられ入札も出来なくなってしまった経験も味わう事が出来たレンズでもあります。

先月久々に出品され思っていたよりリーズナブルな価格で落札できました。
APO500mmF6オークション_落札結果 ヤフオク落札

Mamiya SEKOR RZシリーズはピント調整機構を持っていないので何かしらの工夫をしないと使えませんのでオークションで競る人も少ないだろうと思っていましたがそれなりに居ました。でも、定価の1/10の価格でこの仕様のレンズが手に入れられるのは市場が無くなったためですので嬉しくもあり淋しくもあります。

SEKOR APO500mmF6_付属品 落札品一式

レンズだけでなく105mmPLフィルターと105mmL37フィルター、さらにX1.4テレコンバーターも装着されていましたのでお得感がありました。

SEKOR APO500mmF6

500mm F6を望遠鏡の鏡筒風に言えば85㎜F6になるのかと思います。実際のレンズ径は100㎜程ありますのでカメラは中間に絞りが入っていたりしますので良く判りませんが太くて重いです。どんな絵を撮らしてくれるか楽しみです。
スポンサーサイト
別窓 | 撮影システム・自作アダプタ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<トウモロコシの播種(マルチ敷きの省力化) | 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 | ジャンク品のDMM>>
コメント:
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
∧top | under∨
| 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 |