Matsubara工房という屋号で特注品対応をはじめました。でも職業欄は農業ですので農業ネタもあります。
新人君に期待!
2017-06-09 Fri 02:07
農繁期でトウモロコシの播種、田植などで忙しく農家のオジサンをしているうちに気がつけばブログの訪問者数が100000を超えていました。一ヶ月近く更新していないのでそろそろ強制的に広告が表示されるようになってしまいますので農業ネタにしようかと思いましたが期待の新人が加わりましたので・・・・・

期待の新人ですが2名います。
一人目はNikon D810A君です。
普段撮りにD90を天体写真用にD7000のフィルタ-除去改造品(自分でやりました、ブログの何処かにあるかと思います)を使っていました。D90の撮影データをPCにUSBケーブル経由で吸い上げてそのままにして置いたのがダメの始まりでテーブルの上に置いてあったD90とPCを繋いでいたUSBケーブルを足で引っかけてしまいD90が床にハードコンタクトしました(落ちました)カメラとしては問題なく動作するようなのですがUSBケーブルはグニャっと曲がっていてカメラのUSBコネクタは破損していました。当然電気的な接続はNGとなってしまいました。

対応策として考えた事は
①ヤフオク等でD90のジャンク品を見つけUSBコネクタを自分で交換する。
②中古のD90を捜す。
③D7000をノーマルに戻しフルサイズの中古を買って天体改造する。
④D7000はそのままで中古のDXサイズもしくはFX(フルサイズ)を買う。
⑤D810Aを買う。
  ※ ③はCanonが有力候補、④、⑤は交換レンズも必要

①はありませんでした。②は数万円かかるので今更D90もと言った感じです。③、④はせめて一世代前のカメラが欲しいので探すも欲しい機種は何れも20万円オーバーでした。⑤は妄想しただけでした。

Mapカメラで中古のカメラを物色していたところD810Aの新品が302,350円で36回まで金利手数料なしとあり24回払いでポチっとなしてしまいました。D90で使っていたDX用レンズを付けてみたのですがDX用にクロップしないと周辺減光が凄いです。追加でFX用の普段取りの標準ズームの中古品をMapカメラで購入しました。

D810Aでは星を真面目に撮っていないので星の写りは未確認なのですが普段撮りはやはり良いです。シャッターを切った時の音が違います。ベースのカメラが最上位クラスなのでやはり良いです。当初メモリカードを安いSDカードで使ってみたら何枚かとるとメモリーカードエラーになりました。D7000で使っているSanDiskの容量の少ないメモリカードは問題なく使えましたのでカメラの問題ではないようです。仕方なく64GBのCFカードを追加購入しました。エラーも出ず書込みも早いです。

さてもう一人の新人ですがナローバンドフィルターです。
Hβの半波値=3nmの50mm角です。Astrodonの商品ラインナップにはありません。参加している天体写真クラブのメンバーが米国のフィルターメーカーを捜して購入するとの事でしたので購入品リストに混ぜてもらいました。
薔薇星雲_AOB合成xFS-128 20分x1 AOB合成
薔薇星雲_SAO SAO合成


西空に沈み行くバラ星雲を4月の初めにテスト撮影してみました。
R:Hα、G:OⅢ、B:HβでAOB合成してみました。
SAO合成画像も参考に並べています。
FS-128直焦点でカメラはFLI ML-16803です。
自宅裏庭から市街光のある低高度で露出時間も掛けられませんでしたが知人に画像処理の協力もしてもらいSOA合成とは違う可視光のRGB合成に近い感じの色味になりました。秋になったら高山に遠征しシッカリと露出時間を掛けて撮ってみたくなりました。

スポンサーサイト
別窓 | 天体写真 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<原村星祭り 2017 | 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 | アルマイト_綺麗に出来た!>>
コメント:
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
∧top | under∨
| 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 |