FC2ブログ
Matsubara工房という屋号で特注品対応をはじめました。でも職業欄は農業ですので農業ネタもあります。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
DELL LATITUDE E6510 Bluetooth アダプタ装着
2018-02-03 Sat 13:17
天体写真撮影に使っている自動導入装置NS-5000がBluetoothインターエースをサポートするようになって3年以上経ちますが今まではAndroid OSで動くスマホやタブレットにSky Safariなどの天文アプリを使って眼視で視たい天体の自動導入で活用していました。

Windows PCでステラナビゲータの星図ソフトやMaxlum DLやPHD2などのオートガイドソフトではBluetoothインターフェースはソフト側が対応していないので使えないものとばかり思っていました。Windows PCで本当に使えないか調べたところBluetoothの仮想COM設定をすれば使える事が判り、まずはBluetoothを標準で積んでいたhp製Pvirion dv7で試してみました。

普段撮影に使っているDELL LATITUDE E6510はBluetoothがオプション扱で中古購入した私のPCにはありませんでした。2010年製のE6510のパーツは無いと思いましたがネットで探すと国内外に結構ありましたので楽天のショップで購入し試してみる事にしました。 http://saiseiya.com/?pid=120154474

購入する前に自分で組込めるか情報を捜すとDELLのサイトに日本語サービスマニュアルがありましたので
http://www.dell.com/support/home/jp/ja/jpbsd1/product-support/product/latitude-e6510/manuals
これを見て自分で出来そうと判断したのですが・・・・・

DELLのサービスマニュアルは親切なようで親切でないと感じました。全体像が見えない(モジュールの配置図とかが無かったです)のと最後の詰めの部分、ある意味一番知りたい部分が無い感じです。オリジナルの英語版も見ましたが同じでネットで分解記事とか無いかなと探したのですがメモリ増設とかまででBluetoothの増設は見つけられませんでした。同世代のE6410の分解動画解説記事は米国のPCパーツ屋さんにあったのですが・・・・・

忘備録としてDELL E6510のBluetoothモジュールの実装手順を撮ってあったのでアップしたいと思います。

1-外観 2-底側 E6510の外観です

3-電池取外し 電池を取外します

4-下準備(ネジ仮固定用テープ) 分解の前準備として外したネジの仮固定用に紙テープを小片に切っておきます。

5-アクセスパネル(底板)の取外し 中央のネジを緩めアクセスカバーを取外します。

6-オプティカルドライブリリースラッチ解除 7-オプティカルドライブ取外し ドライブのリリーフラッチをネジを外して開放しドライブを抜きます。

8-LEDカバー取外し LEDカバーを引抜きます(スナップインになってます)

10-キーボード取外し キーボードを取外します。下側がコネクタになってます。

9-ヒンジカバー取外し ヒンジカバーを取外します。

11-LCDケーブル類取外し LCDケーブルやアンテナケーブル等を外します。

12-ディスプレイユニット取外し ディスプレイユニットを外します。

13-ヒートシンク取外し ヒートシンクとメモリモジュールを取外します。

14-シャーシとパームレストAssyを分離 メイン基板が見える状態にします

 接続フレキ3箇所をはずしてからシャーシとパームレストAssyを分割します。
 シャーシへの取付ネジが多数ありネジ長が違うところもあるので気を付けます。
 両側面と手前側はスナップインになっていますので注意して分割します。

15-Bluetooth取付箇所 Bluetooth取付場所がやっと確認できる(WPANのところ)

16-Bluetooth取付 17-Bluetooth取付-2 Bluetooth取付

Bluetoothモジュールの取付箇所は固定用として右下に』形のゴムブッシュがあり左側の貫通穴を使ってネジ固定しました。
プラスチックポストですのでタッピングネジで良いのだと思いますがネジが無かったのでM2のハンドタップで雌ネジをたてM2のなべネジで固定しました。接続ケーブルは押込む感じのスタイルになりました。

Bluetoothモジュールの組付けが出来たら今までと逆の手順で組み上げていきます。
放熱器は最組付け時に熱伝導性グリースを塗布し直します。昔は良くネジが余りましたが無くならないように取外したらすぐにあった場所に紙テープで仮固定するようにしてから余る事が無くなりました。

電源を入れOSが無事に立ち上がってパスワードを聞いてきた時が最初の嬉しさで次にデバイスマネージャのネットワークアダプタにBluetoothが表示されているのを見た時が2度目の嬉しさ(一安心)でした。Bluetoothのドライバーは電源を入れた時に自動で組込まれました。ラッキー!

デバイスとプリンターを開くと追加したBluetoothアダプタが検索されるのでデバイスの追加で仮想COMポートとして追加されいよいよアプリで使えるようになりました。
スポンサーサイト
別窓 | 撮影システム・自作アダプタ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<初夏? | 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 | 天文ガイド 最優秀作品に選ばれました>>
コメント:
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL
∧top | under∨
| 農家の裏庭で作る天体望遠鏡 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。